福岡市は早良区のカスタムショップ キッド・カスタムファクトリーの日常

松谷様のエボリューション進んでおります。
DSC_1530.jpg

テレスコから74スプリンガーに変更。
DSC_1532.jpg

ヘットライトステー製作。
DSC_1535.jpg

主張しすぎないステーにちょっとだけビンテージ風ヘットライト。
DSC_1536.jpg

ファンネルも取り付けました
DSC_1539.jpg
次はサイドナンバーにかかりますかね。

こちらは カスタムバーニングの企画でCD125のカスタムを進めに来ているヒロさん。
DSC_1541.jpg
もうぼちぼちKIDの出番が来そうです。
盛大に切り刻んでやります(笑)

そして、ヒロさん
我が子と遊んでくれるのはいいのですが…
DSC_1542.jpg
snap-onでチャンバラはいかがなものか・・・(笑)
子ども心を掴むのが相変わらず上手で関心します。

-KID Custom Factory- (キッド カスタムファクトリー)
・福岡県福岡市早良区東入部8丁目19-16
・Tel/Fax 092-804-5155
・ホームページ http://www.kid-cf.com/
・Facebook http://www.facebook.com/KIDcustomfactory
・Mail info@kid-cf.com
・営業時間10:00~19:00
・定休日 火曜日
スポンサーサイト
2016-07-18 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

4月24日 御船町への 物資配送の報告

4月24日、沢山の方から預かった支援物資を熊本県は御船町に運びました。

DSC_0400.jpg
数日かけて全国から沢山の方が被災地を支援するために、物資を託して下さいました。
物資を寄せて頂いた方々の紹介はまた後日させて頂きます。

午前6時、まず向かったのは今回同行させて頂くビークルデポさん。
DSC_0403.jpg
ここで、残りのスペースにビークルデポに集まった支援物資を詰め、ハイエース3台、ADバン1台で出発。

ビークルデポでは3回目の今回、通過ルートは完壁で、一度も渋滞にハマらずに現地入り。

高速を降り、市内に入るとあちらこちらでガレキの山。
DSC_0494.jpg

ぱっと見、遠目では建物に被害が少ないようにようにも見えますが、近づいてくるとやはり恐ろしい傷跡が。
DSC_0515.jpg

普通と変わらないように見える建物の中に一階がまるっきり無くなっているビルが静かに佇んでいるのはものすごい違和感です。
DSC_0511.jpg
やはり、一見壊れていないように見える建物の中もどうなっているのかは簡単に想像が付きます。

そして、御船町に到着。
御船町で自らも被災されながらも地域の方々の為にと、工場の1階部分を支援物資の保管、仕分け、配給の拠点にして頂いている三原精機さん。
ここに今回の支援物資を降ろさせて頂きました。
DSC_0412.jpg
まず、三原精機さんに着いてビークルデポ代表の奧さんが唖然としています。
この写真は物資搬入後のものですが、前回、4日前の20日にハイエース4台で持って行った物資がすっかり無くなってしまっていたからです。

きけば、三原精機さんの呼びかけで、避難所に入れず、物資が届かない家庭180家庭程に二日分づつ小分けして物資を配って頂いたそうです。

現地の子供たちも物資の積み下ろし、仕分けなどの作業を手伝いに来てくれていました。
DSC_0409.jpg

三原精機の方に話を聞くと、「周りの人から助けてもらってるんだから、して貰うのを待ってるだけじゃダメ。これも大切な勉強でしょ?」と、
DSC_0415_2016042522555937b.jpg
この窮地の中でも未来を支える子供の健全な成長を考える、力強い言葉でした。

身内が被災されているビークルデポ代表の奧さんなどは現地のリアルな写真などを撮るのはかなり辛いだろうと思って、今回同行にあたって、あえて一眼レフを持って行っていたんですが、

物資を降ろし終わり、休憩していると、「あの人カメラマン? 3階撮ってもらお!」
となり、3階に連れて行ってもらうと・・・
DSC_0429.jpg
愕然としました。

DSC_0427.jpg
DSC_0435.jpg
DSC_0437.jpg
この天井が落ちた部屋の中で彼女が何気なく発した言葉、
「まさかここが被災地になるなんて想像もしてなかった」
この言葉にハッとしました。

自分達は「被災地」に物資を届けに来たつもりでしたが、一回目の地震が来る一秒前は、今の僕らと同じ、「日常」だったんですよね。 
これは本当に誰にでも起こりうる事なんだと、心から覚悟した瞬間でした。


ここで、自らも被災されながらも、近所のみんなの為に物資を調理して、配って頂いたようです。
DSC_0441.jpg

そして、そんな支援を行っている中でも、「従業員を路頭に迷わせるわけにはいかないでしょ」と、三原精機さんは営業を続けているそうです。
一回目の地震が来て、工場の機械がズレてしまった時、業者の方がすぐに飛んできてくれて、機械のレベル出しをしてくれたそうです。 
その直後に二度目の本震が・・・ 
その復旧の為に休みのハズの今日も来てくれて、機械の修復をしてくれてるのだそうです。
DSC_0421_20160426213517dcf.jpg

ふと、工場で作業している業者のトラックを見ると 見覚えのある名前。
「ヤマダ重設」
うちの機会を運んでもらっている方です。
先日、KIDの移転の際に機械の移動と設置をお願いしますと電話した時、
山田さんは熊本の支援の真っ最中で、2トンの水を購入してトラックで運んだ話をしてくださいました。
僕らがこうやって動いているのもすごく嬉しいと言って下さいました。
まさかこのタイミングでバッタリ合うなんて・・・
DSC_0422_20160426213519ff3.jpg

そしてここで痛恨のミス、現地の方からリンゴと稲荷ずしを頂いてしまうという失態・・・
DSC_0445.jpg
本当に食べ物が少ない状況で、先頭に立って周りの方の支援までしている現地の方の助け合いの気持ちにはかないません。
皆で有り難く頂きました。

そして帰り道、
DSC_0482.jpg
果てし無く広がる田んぼに麦が成り、本当に美しい風景。

しかし、下に目をやると道路にはいたるところで亀裂が走り、地震の規模の大きさを物語っています。
DSC_0481.jpg

すでに仮補修が済んでいる所もあり。
DSC_0480.jpg

御船町あたりでは完全に倒壊してしまっている家も・・・
DSC_0468.jpg

ここら辺のお墓は、始め来た時は全て倒れていたそうです。
DSC_0477.jpg
少しずつ遺族の方が墓石を起こしに来られているのでしょう。

周りの家の屋根は軒並みやられ、多くの屋根にブルーシートがかけられています。
DSC_0471.jpg

今回、支援物資を現地に届けさせて頂いて、支援のあり方について色んな事を感じました。
現地の方で避難所に入れていない方は大勢いて、その方達は物資を貰う為に3時間並んで水1本とかがざらで、
コンビニなどもボチボチ空き始めていますが、あんな小さな店で近隣の方の生活に必要な多くのモノが買えるわけは無い
生活費だっていつまでも持つハズは無いし・・・

今回の拠点、三原精機さんから配った家庭は180世帯、当初は3~40世帯を想定していたようですが、
180世帯・・・それは、ハイエース4台では太刀打ち出来ません。 2~3日で無くなるわけです。

これを聞いて僕は率直に、これは個人レベルでやる支援じゃない と感じました。
この量をこのペースで運んでいては、間違い無くビークルデポは潰れます。

それでも行政はここに物資を持って来てはくれないようで、本当に難しい支援の現状を目の当たりにしました。


ビークルデポでは一旦物資の受け付けと配送をストップするそうです。
そして、体制を整えて、定期的に無理の無い範囲で配送を行うそうなので、また近いうちにビークルデポさんから物資の募集をがかかるかもしれません。
その時はしっかり必要物資の情報を確認してその時に必要なモノを送ってあげて下さい。

そして、KIDでの物資の配送は 今月末から新工場への移転作業に入るため今回で終了となります。

更に、三原精機さんに直接支援物資を届けてくれるチームが出て来てくれると本当に助かると思うのですが、その場合は実際に必要としている物資の種類や渋滞にハマらずに現地に行けるルートなどがありますので、一旦ビークルデポさんに連絡頂き、しっかりと打ち合わせを行った上で支援、宜しくお願いします。

以上、報告でした。
DSC_0418_201604260321454e2.jpg
受け入れ態勢を整えて頂いた三原精機の皆様
いち早くKIDに支援物資を届けてくれた皆様
同行させてもらったビークルデポ熊本支援チームの皆様本当に有難うございました。

今度はレースとかショーとかで、集まりたいですね!

DSC_0408.jpg
DSC_0410.jpg
DSC_0414.jpg
DSC_0416.jpg
DSC_0420.jpg
DSC_0425.jpg
DSC_0433.jpg
DSC_0436.jpg
DSC_0444.jpg
DSC_0452_201604262201279aa.jpg
DSC_0460.jpg
DSC_0476.jpg
DSC_0484.jpg
DSC_0488.jpg
DSC_0499.jpg
DSC_0500.jpg
DSC_0531_2016042622022273a.jpg
DSC_0505.jpg


-KID Custom Factory- (キッド カスタムファクトリー)
・福岡県福岡市南区警弥郷1丁目38-1
・Tel/Fax 092-210-9819
・ホームページ http://www.kid-cf.com/
・Facebook http://www.facebook.com/KIDcustomfactory
・Mail info@kid-cf.com
・営業時間
11:00~20:00
・定休日 火曜日
2016-04-26 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

4月21日午後 支援物資情報

みなさんの被災地への思いが続々と集まり、KIDのハイエースが満杯になりそうなので、ビーグルデポに連絡し、そのまま現地まで同行させて頂くことにしました。
DSC_0368.jpg

物資状況 只今のKIDに寄せられている救援物資の状況ですが、ハイエースの積載重量分の水分は確保出来ましたが、空間は空いていますので、これからKIDに持ち込む物資を買う場合はカップラーメンや生理用品、ブルーシート等の軽くて役に立つものをお願いします!

KIDが現地に走れるのは事情により一回のみなので、出来るだけ効率よく沢山の物資を運びたいと考えています。
2016-04-21 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

4月21日現在 支援物資情報

今回KIDに寄せられた物資を託そうと考えているビークルデポさんが20日出発し、行政の物資が行き届いていない町に物資を届けて帰ってきています。
現地の状況は、やはり避難所に入れずに物資が貰えていない方が大勢おられるようで、その方々に直接物資を手渡しています。
本当に頭が下がります。

「飲み水はしばらく必要と思います。
大量にある事には困りません。
水事情は
井戸水も濁り使えないらしく、水道もまだまだ通っていない家庭が多いです。今回、感じましたが近隣の2,30世帯の消費量考えると、まだ全然足りない、そして、長期的に必要。」
「 先程、ブルーシートと現地からリクエストありました。雨が木曜日から振りそうなので、との事です。今から必要になってくる物の1つと思います。」

とのことです。

次回は24日に出発予定なので、そこにみなさんから集められた物資を、そのまま現地に持っていける形に仕分けした状態で持ち込みたいので、23日まで、引き続き支援物資をよろしくお願いします。

今聴いている特別に必要な物資は
・飲料水
・20Lポリ缶(KIDでは300L分位は集まっているので、ハイエースの積載量の関係でそろそろストップ※あくまでもKIDの運べる量の問題です)
・雨対策と、がれき撤去用にブルーシート
です。

その他当然必要になってくる
・保存の利く食料
・子供たちにはお菓子
・ウエットティッシュ(体も拭ける物が重宝すると思います)
などなど

支支援物資が各地から続々と寄せられています。 皆さんの被災地への想いと素早い行動に感動しました。 本当に有難うございます!
DSC_0356.jpg
搬入部隊の負担を出来るだけ減らせるように、これから随時、仕分けを開始していきます。
2016-04-21 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

支援物資情報

今日、僕の中学時代の恩師より救援物資を預かりました。
中学卒業時、今は住職になられている岡本先生から頂いた言葉、
「考えている事、言葉にしなければ伝わらない。声出せ、城戸!」
このあまりにも的を得た言葉は僕の心の片隅に居座り続け、今の自分の行動に影響を与え続けています。
DSC_0343.jpg


そして、今の救援物資の状況ですが、FTW開催事務局から届けられる個所の物資は行き届き始めているという情報が入りました。

そこで、KIDに23日までに寄せられる物資を届ける地域を、更に緊急を要する地域に届けられるルートに切り替える予定にしています。

現時点ではハーレーチューニングショップのビークルデポチームに託そうかと考えています。

今日、代表の奥 貞将さんに電話させてもらった所、
「配送している御船町地域では避難所には物資が届いてはいるが、避難所に入れない人が多数で、その人たちには配給が無く、昨日の夜はバナナ1本のみ。飲み水はひとつももらえていません。」

との事です。

このチームは数台の仲間のハイエースを使って、直接現地に入り、親戚の持っている倉庫を利用して、避難所に入れない人のための配給所を作っています。
更に、そこから手分けして配給所に取りに来れない人に物資を配って回るそうです。
現在も20日出発に向けて集まった物資の仕分けの最中かと思います。
その次の輸送予定が24日との事なので、ここにKIDに託された物資を仕分けして持ち込もうと思っています。

こんな風に、物資の必要な地域や品モノは刻一刻と変わっていますので、今、23日までを区切りにKIDに寄せられる物資の配給場所も臨機応変に対応し、その時最適と思うルートで現地に送ります。

皆様から託された大事な物資はKIDが責任を持って最適なルートに乗せますので、救援物資の届け先、ルートに関してはKIDに一任下さいますよう、宜しくお願いします!
2016-04-20 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

キッド

Author:キッド
―KID CUSTOM FACTORY―キッドカスタムファクトリーはハーレー・ダビッドソンを中心としたカスタムショップです。アメリカンバイクや、SRなどの単気筒バイク、その他のドメスティックバイクまで、車種を問わず、世界に一台、あなただけのカスタムバイクを製作いたします。その他、一般整備、車両販売、車検、など、お待ちしております。

「Kid Custom Factory」
福岡県福岡市早良区東入部8丁目19-16
TEL 092-804-5155
FAX 092-804-5155
ホームページへGO!
facebookへGO!

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR